ご注文から到着までの流れ

プリント加工の依頼について

01_打ち合わせ

​依頼内容のヒアリング 問い合わせフォームにご記入ください。担当者が確認して返信します。

02_生地手配

P下生地をご用意ください ​プリントに適した未加工で吸水性のある生地での加工になります。 ※生機からの加工も可能です。 ※仕上り済み生地への染料プリント。海外生産の生地でのトラブルは手配先のお客様で責任でお願いします。

03_オーダー

オーダー書をメールで送付してください 素材名(銘柄、糸番手、混率)製造先、規格(幅×長さ)、入荷日、希望納期、ご要望をお書きになったオーダー書をメールで送ってください。 ※図案の指定色は不透明で平滑なパントーンや生地切れ端を貼って送ってください。 ​ ★新規のお客様は、口座登録申請書にご記入の上提出をお願いしています。

04_図案入稿

ファイル転送便で入稿してください ​幅は170cmまで有効 シルクスクリーンプリントの送りピッチは、60cm、80cm、1mの3つの型枠です。図案の縦の長さがこの型枠で割り切れるサイズに調整が必要です。柄の大きさの調整やつなぎ目を目立たなく調整するため画像調整をしていきます。 ※調整が必要な場合、別途費用がかかります。 ※​データがない場合、作画費用がかかります。

05_型の特注

シルクスクリーンの型を作成します。 1色あたり1枚の型が必要です。型枠に紗を貼り柄を焼き付けします。 納期は​2週間から3週間。 ​★インクジェットプリントはなし

06_型代の請求

型代と画像調整などをまとめて請求書を発行します。 作成には時間がかかる為、途中精算してお支払いただきます。 ​★インクジェットプリントはなし

07_生地準備

プリント用に生地を準備をします。 生地到着日の連絡をしてください。到着してからマス見本用を切り出し準備。プリント本番まで保管。本番前に反物を解き縫ってつなぎ合わせて準備を行います。 ​※畳み生地は折りしわが入る為、原則不可

08_マス見本作成①

指示色を小さな生地で色校正 生地にプリントする場合、素材によって色の出方が異なる為、紙の印刷と異なり全色が特色になります。染料プリントの場合は、プリント、蒸し、洗い、乾燥を数回繰り返して色確認をします。

09_マス見本作成②

色確認用のマス見本を送付 実際に型枠を置いて1パネルのマス見本を作成します。2つの色バリエーションをお客様に送り色確認を行います。 ※サンプルは量産と条件が全く同じにできないため僅かに色が異なります。

10_プリント

サンプル反のプリント ​マス見本で作成した色を元に、色材と糊を配合してプリント数量に合わせて作成します。生地をセットしてプリント加工を行います。 ・展示会サンプル可。 ・即量産可

11_仕上げ加工

加工別、素材別に仕上げを行います 加工種類により蒸し工程や洗い工程、乾燥工程が入ります。生地の最終段階では生地幅調整する工程が入り検査を行います。 ※配送先が縫製工場などの場合確認用のカット見本を​検査段階で切って別途送ることが可能です。 ※問題がある個所には印をつけます。 ※生地が問題でトラブルが起きた場合にはお客様のご負担となります。

12_出荷

完成した反物を指定先に納品します。 紙管に巻いてビニールで包装、検査項目のラベルを張った商品を配送します。納品書はメールで送ることが可能です。 ※配送料は別途かかります。 (カット見本は別途かかります)

13_請求書

納品後に請求書を発行します 加工した数量の請求書を発行します。​ 法人のお客様は口座申請書類に基づき末締めの翌末払いになります。 ★新規取引の場合は入金確認後の出荷になります。

プリント生地の依頼について

01_打ち合わせ

​依頼内容のヒアリング 問い合わせフォームにご記入ください。担当者が確認して返信します。

02_生地選定

企画に最適な生地提案をします 丸枡染色のお薦め生地から製品のコンセプトや世界観、希望の生地価格に合わせてご提案いたします。 ★オリジナル生地を作成することも可能です。

03_オーダー

オーダー書をメールで送付してください 当社のオーダー書にのっとり記入をしてお客様に返送します。ご確認が取れ次第加工の準備に入ります。※図案の指定色は不透明で平滑なパントーンや生地切れ端を貼って送ってください。 ​ ★新規のお客様は、口座登録申請書にご記入の上提出をお願いしています。

04_生地手配

​必要数量(反)に合わせて手配します サンプル、量産の希望数量にあわせて反物単位で手配をします。 ※お客様ごとの注文でm単位希望には余った生地で産廃物が発生するためご了承ください。

05_図案入稿

ファイル転送便で入稿してください 幅は170cmまで有効 シルクスクリーンプリントの送りピッチは、60cm、80cm、1mの3つの型枠です。図案の縦の長さがこの型枠で割り切れるサイズに調整が必要です。柄の大きさの調整やつなぎ目を目立たなく調整するため画像調整をしていきます。 ※調整が必要な場合、別途費用がかかります。 ※​データがない場合、作画費用がかかります。

06_型の特注

シルクスクリーンの型を作成します。 1色あたり1枚の型が必要です。型枠に紗を貼り柄を焼き付けします。 納期は​2週間から3週間。 ​★インクジェットプリントはなし

07_型代の請求

型代と画像調整などをまとめて請求書を発行します。 作成には時間がかかる為、途中精算してお支払いただきます。 ​★インクジェットプリントはなし

08_生地準備

プリント用に生地を準備をします。 生地到が到着してからマス見本用を切って準備。プリント本番まで保管。本番前に反物を解き縫ってつなぎ合わせて準備を行います。

09_マス見本作成①

指示色を小さな生地で色校正 生地にプリントする場合、素材によって色の出方が異なる為、紙の印刷と異なり全色が特色になります。染料プリントの場合は、プリント、蒸し、洗い、乾燥を数回繰り返して色確認をします。

10マス見本作成②

色確認用のマス見本を送ります 実際に型枠を置いて1パネルのマス見本を作成します。2つの色バリエーションをお客様に送り色確認を行います。 ※サンプルは量産と条件が全く同じにできないため僅かに色が異なります。

11_プリント

サンプル反のプリント ​マス見本で作成した色を元に、色材と糊を配合してプリント数量に合わせて作成します。生地をセットしてプリント加工を行います。 ・展示会サンプル可。 ・即量産可

12_仕上げ加工

加工別、素材別に仕上げを行います 加工種類により蒸し工程や洗い工程、乾燥工程が入ります。生地の最終段階では生地幅調整する工程が入り検査を行います。 ※配送先が縫製工場などの場合確認用のカット見本を​検査段階で切って別途送ることが可能です。 ※問題がある個所には印をつけます。 ※生地が問題でトラブルが起きた場合にはお客様のご負担となります。

13_出荷

完成した反物を指定先に納品します。 紙管に巻いてビニールで包装、検査項目のラベルを張った商品を配送します。納品書はメールで送ることが可能です。 ※配送料は別途かかります。 (カット見本は別途かかります)

14_請求書

納品後に請求書を発行します 加工した数量の請求書を発行します。​ 法人のお客様は口座申請書類に基づき末締めの翌末払いになります。 ★新規取引の場合は入金確認後の出荷になります。